Tamanegiの定植

2014年11月22日 16:26 (カテゴリー:畑の様子, 未分類

玉ねぎの定植が始まりました。

たまねぎの植え付けは本年最後の大仕事です。

これが終われば豆類の定植を残すのみになり、8月下旬から続いたタイミング勝負の定植作業も終わりを迎え少しポカーンとできる日々がやってきます!

ポカーンの日々まであと一歩、定植作業です。

田中野菜ではこれまで長期保存が可能な晩生品種のみを栽培してきましたが、今年は早生、中生、晩生、さらに赤玉品種の作付も予定しています。

今までは通年を通して玉ねぎをお届けする事を目的に栽培していたのですが、やはり農家から直接購入しているからこそ食べれる、旬の玉ねぎをお届け出来ればと思い作付品種を増やすことしました。

作付は去年の2倍程で6000本程です。

去年は作業が遅れたために12月中旬に震えながらの定植で全く進まなかったのですが、今回は2時間で1000本ペース。

時間だけ見ると一日で終わりそうですが、腰が固まるので多分一日MAX3000本・・・、いや精神的に2000本か?

つまり、3日間はかかります。

この連休は暖かい日が続くので、植え付けを進めていきます。

 

下の写真は田中野菜で収穫した原木しいたけ。

去年の春に準備した原木しいたけがちょっとずつ収穫できるようになってきました。

管理が甘く、お客様にお届けできる程は収穫できそうにありませんが、将来のしいたけ栽培の可能性を感じました。

今年の春も菌を植え付けてみようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/3498.html/trackback