畝立まで

2018年6月4日 23:43 (カテゴリー:自然栽培, ピーマン, 未分類コメント

久しぶりに手作業で畝立をしました。

やっぱり手作業の畝立はキツイかったです。でもトラクター作業よりも農業をしてる感が強く達成感があります。

手作業とはいえ、何台も機会を使用してます~💦

作業ですが、5月中旬頃まで伸ばした雑草を刈り取りとったものを乾燥させ、タップリ、タップリと畝の上にのせていきます。

そのあとは長い草が耕運機に絡まないように草を細かくするハンマーナイフモアと言う機械で草を小さくします。そしてやっと耕運機で耕します。土と草と空気が絡み合うように速度と刃の回転数を調整し荒めにゆっくりと耕すことで土のなかにいるキノコ菌に酸素と枯れ草の餌を送り込むイメージで耕します。

その後管理機を逆回転させて土を両脇に跳ね上げることで畝を作ります。

そして最後に鍬とレーキで畝の形を整えて、マルチの代わりに敷き草をして終了です。

25m×4列、ピーマン、大伏見、細伏見、ししとうの植え付けでした~。