雨が降る前に

2016年4月1日 0:22 (カテゴリー:畑の様子コメント

雨が降る前にマルチ張りです。

マルチ張りはなかなか体力を使います。

以前は鍬で耕し、鍬で土を盛り、レイキで土を整え、マルチを乗せ、両端に土をかけ、という作業をしておりましたが、これだと体力を物凄く消耗し、一日2本畝に張れれば良い方です。

野菜の植え付け時期に間に合わせるのが難しく、野菜の世話にかける時間も少なくなってしまいます。

なので、スーパーウルトラハイパーマルチャーで作業をしております。

20160331_125643 20160331_125907

土を耕すのはまた別の耕運機があるのですが、それで土を耕して、このスーパーウルトラハイパーマルチャーに出動してもらいます。

畝を立てながらマルチを張ってくれるのです!!!!

なんて画期的なんでしょう!!!!

とても賢い子なんです。

ただ、今日の畑はとても水分量の多い畑。

全然上手く張れず、手でやった方が早いのではなかろうか・・・と思う程でした。

試行錯誤をしているうちにエンジンの出力などその都度コントロールしてやると上手くいくという事が分かり、それからはスムーズに進める事が出来ました。

機械を揃えれば上手くいくというわけではありませんね。

この黒いシートをマルチと言います。

黒いマルチと透明のマルチがあり、それぞれ用途が違います。

今日は黒マルチ。

マルチを張ると土の温度が上がります。

微生物はあったかいのが好きなので、土の温度をあげ、しっかり働いてもらえる環境を作ります。

そして、春の気候でマルチを張ると、その温度が丁度雑草達が芽を出す適正温度となってしまうので、光が入らないように黒マルチを張って芽を覚まさないようにします。

ある程度大きくなると雑草に負けない野菜になるのですが、畑デビューしたての苗達は雑草に負けてしまうので、こうやってちょっと育ちやすい環境を整えてあげます。

今日マルチを張った畑には、キャベツやブロッコリーなんかを植える予定です。

さぁ次は苗達にいつ畑デビューをさせるか。

しっかり根を張ってもらいたいので、これまた天気予報を随時チェックしながら、そして、彼らのやる気を見極める日々が続きます。