The キャベツ

2012年10月31日 23:18 (カテゴリー:未分類コメント

 

本日野菜セットにキャベツが入りました。

これは野菜セットを販売している生産者にしかわからない満足感があります。

キャベツの重量感やパリパリとした外葉はセットに入れると存在感があり

セットの内容を安定させてくれる大切な1品です。

 

田中野菜にとっての無肥料キャベツは苦手な野菜です。

キャベツは結構肥料を必要とする野菜なので、無肥料で作るとグッと難易度が上がります。

そういう訳もあり、去年の春作、始めて植えたキャベツはまだ土ができておらず成長不良で失敗。

第2回目の去年の秋作は土の養分が足りず、結球はするもハンドボール位の大きさで終了。

今年の春作は土も良くなり、ほぼ成功しましたが、定植数が少なく供給量に問題がありました。

4度目のこの秋作は作付け量も増やし、やっと8割程度は良い物に仕上がりました!

定植のタイミングと幅を広めに取ったことが良かった気がしています。

ほぼ2年分、僕の思いがぐっと詰まった自信作のキャベツです。

炒めても、煮ても、サラダにしてもよし、沢山食べてください。

配達時にお客さんがそのキャベツを見て喜んでくれてるのがとても嬉しい1日でした!

甘いけど辛い鷹の爪

2012年10月26日 22:29 (カテゴリー:未分類コメント

気付くと少しですが、唐辛子が出来上がっていました。

ほぼ放任ですが立派に成長。

よしこれはぺペロンチーノだ!っということになり、

まだちょっと早いブロッコリーと1つだけはやばと成長していたカリフラワーを収穫。

ブロッコリー&カリフラワーのW蕾はサッパリとしたやさしい味でした。

鷹の爪はなんとほのかに甘く、でもやっぱり辛味がじんわりと出てきます。

美味しい鷹の爪でした。

来年は自分で作ったニンニクも使ったぺペロンチーノを作りたいと思います。

 

ありあまるごちそう、フードINC

2012年10月25日 20:35 (カテゴリー:未分類コメント

“ありあまるごちそう”、“フードinc”

前から気になっていたドキュメンタリー映画。

良いきっかけを頂いたのでDVDを借りて鑑賞しました。

現在の食料生産は120億人を養えるだけの量があり、世界人口が約70億人、飢餓人口が約10億人。

つまり、60億人分を養う食料が日々廃棄されている現状。

大型量販店各社が競い、より安価の食材を市場に供給する為超大量スピード生産を契約農家に促す。

トリの胸肉100g60円やブロッコリー98円のような商品を届けるには大量生産しなくては農家は生活しいけません。

ただ、生き物を自然の摂理に沿って育てる観点から離れ、利潤を最大化する為に育てられる野菜や家畜達。

除草剤をまいても育つ野菜や巨大化させられ2,3歩しか歩けないニワトリ達。

安価な商品を届ける為に大量生産され、しかも破棄される60億人分の食料。

 

色々訴えかけてくるドキュメンタリーでした。

 

正直に大事に根っこから葉っぱの先まで安心して食べれる野菜を育てていこう!

そう強く思える作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンボール

2012年10月21日 23:42 (カテゴリー:未分類コメント

野菜をつめるダンボール。

運送会社と80サイズで契約しています。

色々探して辿り着いたのが、今の焼酎1.8L×6本用のダンボール。

5月から始めてずっと利用している色々な焼酎シリーズ。

ただ、本日は葉野菜が大きくて焼酎シリーズでは幅はいいが、高さが15cmも足りない。

予備用の長細いダンボール出し80サイズにカットして詰めました。

ダンボールをカットしたくはありませんでしたが、野菜を切るよりは良いという決断です。

秋冬は大根や白菜などの今より大きな野菜が登場してくるのでどうつめていくか

早急に研究していく必要があります。

冬は愛用ダンボールは使えなそうです、せっかくのベストサイズだったのに・・・。

冬用ダンボール探しに、スーパー巡りを始めます。

周りの農家の方々は冬をどう乗り越えているのだろうか?

調べていこう!

 

 

 

検品

2012年10月20日 22:55 (カテゴリー:未分類コメント

 

今晩は1人で夕食なので食材を収穫して帰りました。

右から、

不断草(スイチャード)
ルッコラ
九条ねぎ
赤からしな
甘かぶ
大根葉
ピーマン
さやいんげん

自分が育てている野菜を定期的に食べるって重要だと思います。

見た目からは判らない野菜の状態を感じる大切な時間、食味の検品作業です。

料理が出来上がってきて、1口目の感覚が一番大切。

美味しいか、甘いか、アクが強くないか、スジっぽくないか、硬くないか。

思いっきり主観的ですがしっかりチェックしています。

今晩は自分で食材を調理することで、野菜の柔らかさや鮮度も確認しながら料理しました。

大根葉とチャーシューの切れはし混ぜごはん。

大根葉と豚肉がご飯に絡み絶妙です。

ピーマンと九条ねぎ&不断草のラーメン。

不断草(スイチャード)はホーレン草の仲間なので

同じような味がします。

さやいんげん。

少し大きくなったさやいんげんですが、とても柔らかく

そのまま食べても爽やかな甘みがあります。

甘かぶのカラシナ&ルッコラ混ぜサラダ。

1つ1つのサラダに味がします。

 

ちょっと意識して 、1つ1つの野菜を食べてみるとシンプルだけど、特徴的な味がしてきます。

そんな野菜達だと思います。