デリケートなニンジンさん

2012年8月30日 0:23 (カテゴリー:未分類コメント

日照りが続くとなかなか発芽しないニンジンの種。
激しい雨が降ると、これまた発芽しないニンジンの種。

じゃぁ、どんな状況が良いかと言うと。
しっとり、土に浸み込む雨がベスト。

降り過ぎてもよくないし。
降らな過ぎてもよくない。

1週間前に蒔いたニンジンは豪雨によって発芽率が3割弱。
そんな畝は残念ながらサヨナラです。

今日のしっとり雨を利用して再度ニンジンの種蒔き~。
その後不織布をかぶせて直射日光と水分の蒸発を防ぎ明日から
続く日照りに備えます。

冬保温する為の不織布を夏かぶせると土壌の水分蒸発を防ぎ、
色々な種の発芽率を高めます。

9月中旬まで続くといわれている残暑、不織布で攻略していけたらいいなぁ~
と思っております。

セルポット

2012年8月26日 0:58 (カテゴリー:未分類コメント

種のまき方は2つあります。
1つは畑に直接蒔く直播、もう一つはセルポットなどの容器を使う種蒔き。

直播は畑に直接蒔くので蒔く作業はとても早い、けどその後の間引きの作業や、やたら種を
消費するというディスアドバンテージもあったりします。

ポットを使う方法は、土の入ったポットに1粒ずつ種を落とすと言う根気が必要な作業があります。
けど、畑のスペースが開いていなくても、開く少し前からポットで育てる事が出来るのスペースを有効に活用できます。

田中野菜では現状栽培面積があまり大きくはないので、収穫後直ぐに丁度良いサイズ
の苗をその畝に直ぐに定植できるよう発芽から苗へ成長するまでの過程をポットで過ごしてもらっています。

最近の流行はこれ↓。

バジル&ミニトマト。

これをパクリとしながらぶらぶらしています。

ミニトマトの濃厚な甘みとバジルの香りが鼻から抜け、

意外とイタリアを楽しめます。

チャオ!って言いたくなります~。

景色も意外といけます。

 

チャオ!

鉢上げ

2012年8月22日 21:00 (カテゴリー:未分類コメント

 

本日はコツコツスティクブロッコリーやカリフラワー、キャベツなどのアブラナ科を

鉢上げ。

エンドレスな作業、5時間も同じ作業を続けてると、色々な事が頭に浮かんできます。

明日のことや来月のこと来年のこととか色々考えるととても楽しかったです(笑)

有意義な5時間でした!

遮光育苗ハウス

2012年8月21日 22:43 (カテゴリー:未分類コメント

8月も後半。

夕方の畑は日中のギラギラ太陽が柔らかい日差しに変わり、ほんの少しだけ涼しい風が吹き

秋の気配を感じます。

そんな気配がすると秋野菜の準備で畑は大忙しになります。

この時期に植え付けを遅れると10月末収穫予定の野菜が1月前半の収穫にずれ込んだりする

数日の植え付けがシビアに反映される時期です。

だからこそ、9がつの植え付け本番に向け、8月は31日まで気分を盛り上げて下準備をし続ける必要があります。

今日はブロッコリーと秋キャベツの鉢上げ、秋取りインゲンの定植、育苗ハウスの作成をしました。

明日はカリフラワー&違う種類のブロッコリーの鉢上げをします。

 

トマトのヤガ(夜蛾)対策

2012年8月16日 23:32 (カテゴリー:未分類コメント

前のブログで報告した蛾の被害。

色々調べていくうちに蛾の正体と、どのようにトマトとを吸引しているかも発覚しました。

夜活動する蛾が熟した果実やトマトに飛来し針を伸ばして果肉を吸引をします。

蛾に吸引針を刺されるとそこから果肉がプヨプヨになり、ちょっと押すと汁が出てきます。

刺された、そこ意外はしっかりとした実を維持しているのに売り物にはならなくなってしまいます。

この蛾を防ぐ方法は2つ。

1.明るい電気を設置して昼と錯覚させ、飛来させない方法。

2.果実に覆いをかぶせて吸わせない方法。

2を選択。

9月中旬まで飛来するとの事。

なんとか、必要数を確保していきたい!です。

 

 今日の夕方はこの夏で初めて秋の訪れを教えてくれるような

すがすがしい涼しさでした。

 

もうすぐ秋です。