目指すとこ

2011年3月18日 21:01 (カテゴリー:未分類コメント

いま切り開いている土地では炭素循環農法を
目指すことにしています。
僕なりに解釈した炭素循環農法を説明してみます。

 この農法の根底にある考えは自然の摂理を利用して
作物を育てる、つまり、山の中の微生物が豊かで肥沃な土壌を
畑で再現するという農法です。

微生物は有機物を分解し、分解成分が養分として根から吸収され
作物が生育します。森の中の草が虫に食害されずにいるのは
自然が作り出したオリジナル養分でバランスよく育ってるからとの事。

肥料は作物の成長に直接働きかけるが、最も大切な土壌微生物
の餌にはならず、肥料栽培による作物はオリジナル養分で生育した
作物ほど健康には育たないとの事。
結果、肥料で育てると、弱った生き物を襲う自然の摂理に従って虫による
食害に会うことが多くなる。

常に山の中と同じ状態にするのには微生物を飼育する感覚が必要との事。
餌(有機物)のない土壌では微生物は死んでしまい、作物が必要とする養分を作れず
健康な生育が出来なくなります。
生の成長した雑草や稲などの緑肥を土壌に鋤きこむことで、この緑肥が微生物の餌となり
微生物が働き続け、森の土壌を保ち続けることが可能になるとあります。

分かりにくいですが、まとめると、赤ちゃんを粉ミルクではなく、母乳で育てましょう!
免疫力があがりますよ的なことだと解釈しております(笑)

この説明で理解していただけただろうか・・・・

上記のような農法で無農薬・無肥料栽培をして本来の味がするおいしい野菜を目指します!

.

まぁ。OKかな

2011年3月13日 20:41 (カテゴリー:未分類コメント

3月13日 天気 晴れ

IMGP1029

今日は光市の圃場にて小松菜とほうれん草を収穫。

上記の小松菜とほうれん草は2月上旬に3cm程になった苗をセルポットから定植したものです。
約1ヶ月で収穫できるサイズになりました。

この圃場は元宅地のため、砂質の養分ない土壌です。
その為、11月より有機物の投入と微生物資材を使い
少しずつですが、土壌改良中です。
開墾当初は、砂地で見るからに栄養0の状態でした。
が、最近は土もフカフカしてきております。
無農薬・無肥料の炭素循環農法をめざしていますが
食べる分だけでも作りたいので小松菜とほうれん草の
畝は施肥栽培しました。

小松菜は風味が最高に仕上がっております。
IMGP1030

.

順調

2011年3月9日 18:22 (カテゴリー:未分類コメント

2月上旬に植えた小松の親分。

 

SH3B0136

不織布をかけてるので急成長、横に・・・
本当は縦に伸ばしてあげたいんだけど、不織布
が邪魔をしております。

今日は啓蟄(けいちつ)。
大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ。
虫本番の季節です。
きっと不織布をとったら虫の軍勢に襲われて、小松の親分は
直ぐに子分に降格でしょう。
早く土のバランスを整え、虫の食わない野菜が育ってくれるようにしよう。

.

小松の親分

2011年3月8日 18:21 (カテゴリー:未分類コメント

2月上旬に植えた小松の親分。

 

SH3B0136

不織布をかけてるので急成長、横に・・・
本当は縦に伸ばしてあげたいんだけど、不織布
が邪魔をしております。

今日は啓蟄(けいちつ)。
大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ。
虫本番の季節です。
きっと不織布をとったら虫の軍勢に襲われて、小松の親分は
直ぐに子分に降格でしょう。
早く土のバランスを整え、虫の食わない野菜が育ってくれるようにしよう。

.

土地 お借りします~

2011年3月3日 17:21 (カテゴリー:未分類コメント

IMGP1013

今日から本格始動。
11月に東京から引っ越してきて3ヶ月。

ちょうど暖かくなって来た頃に土地を貸して頂くことができました。
広さは約1反(991㎡)で草ボウボウの使ってない土地です。
自然栽培に適していそうで、地下水も使え、日当たりは抜群、
さらに、猪の通り道だし、左の土手にはマムシが住んでるし(笑)
マムシ怖え~、マムシ怖え~。
小学生の時八王子の従兄弟の団地の近くのマムシ林を通って
スーパーに行くのを思い出しました。
見てもいないマムシを”いたぁー!”と叫んで皆で猛ダッシュ・・・
怖いけどウキウキした気がする。

当時ほどは気分の高揚はありませんでしたが、マム太郎にビビリながら
半分ほど草刈りをしてまいりました。

花粉がヒドイ、あぁー明日もガンバロウ!

IMGP1012
IMGP1014

.