草刈と下松の農地

2019年6月30日 22:17 (カテゴリー:未分類

下松市に新規就農する農家さんが農業研修に集中できるよう、国の機関である中間管理機構より委託をうけて草刈をしております。

Before

After

Before

After

土地が広いのでまだまだありますが、大体こんな感じで刈っております。

同じ市内に農家が増えるのはとても嬉しいです!

山口県の中では比較的都市部である下松市ですが、少し道路を奥にはいると昔ながらの集落が沢山あります。集落は他の団地と比べると若い人はほとんどおらず、集落自体が高齢化し、それと比例して田んぼや農道、道回りの管理が難しくなっている限界集落ばかりです。最初に借りた畑の集落では景観管理をする集まりがあり、7~8年前は毎回20人程出席していましたが今では10人に満たない状況になりました。

今回就農する方は果樹なのですが1人で5~6人の元農家の方の土地を集約して使います。ちなみに僕は4人程の元農家の方の土地を集約しています。その地域に専業農家が2~3人増えるだけで、そこから何十年もその集落の畑が維持されると考えると新規就農者はとってもありがたい存在です。

程よく町があり、一歩奥には入れは田舎。住みやすさと農業のしやすさを兼ね備えている市だと思います。

畑、宅地つきの空き家は沢山あります。市が斡旋する科はありませんが、やる気があれば回りが動いてくれると思います。

早く動いた人ほどよい土地と宅地が巡ってくるので探している人は是非下松にも足を運んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/5408.html/trackback