夏スタートの定期宅配募集について

2018年5月31日 10:21 (カテゴリー:野菜セットについて

九州地方と四国地方が梅雨入りしましたね。

山口県もそろそろ梅雨入りしそうです。

洗濯物が、、、。

乾燥機が欲し~!!!!!!

我が家は普段の家族の洗濯物、農業の泥んこ洗濯物&長男の泥んこ体操服、次男の洗濯物と分けて洗濯しております。

そして長男は少しでも汚れたら着替えたくて狂いだすとゆー潔癖なところがありまして。

コインランドリーに駆け込む日々が始まりそうです。

さて今日は夏スタートの定期宅配募集枠についてお知らせです。

現在定期宅配はありがたいことに定員数に達し募集を行っておりませんが、少し枠を増やし定期宅配の募集をかける予定です。

実際お届けできる時期は7月中旬頃になると思います。

梅雨の状況によりもう少し後になる可能性もありますが、現在は7月中旬より、を目指しております。

募集については6月中旬~下旬にかけて行う予定ですが、既にご予約を数件いただいております。

ご予約をいただいているお客様より順番にお届けと野菜の確保となります。

沢山ご予約をいただいた場合、募集をかけれない可能性もございますので、もしご希望の方がいらっしゃいましたら、『お申し込み』より通常通りご入力いただき、お手数ですが、備考欄に『予約希望』とご入力をお願い致します。

また、今回の募集枠は

『Mセット隔週』

『Mセット月1』

に限らせていただきます。

また、定期宅配をスタートするに辺り、スーパーに並ぶ野菜を購入する場合と農家から直接購入する場合の違いについて少しお話をさせていただきます。

まず一点目。

スーパーに並ぶ野菜は既に綺麗に土を落とされ、農薬も使用しておりますので虫もおりません。

田中野菜では、マンションやアパートにお住まいの方も多くいらっしゃいますので、なるべく土を落としてお届けしたいと考えておりますが、多少は残ると思います。

虫もついているかついていないかチェックもしておりますが、見落としでいる場合もございます。

次に二点目。

季節の野菜をお届け致しますので、野菜のご希望を伺ってのお届けは行っておりません。

その季節には同じ野菜が育ちますので同じ種類の野菜が続きます。

特に茄子やピーマンなどの夏野菜は毎回入ると思います。

現在のセットは大根が続いております。

沢山の種類の野菜の中から好きなものを選んで購入するのに慣れていらっしゃる方は、確実に、もう飽きたよ、、、となります。

色んな食べ方のレシピを増やすチャンスだ!と思っていただけたら幸いです。

三点目。

農薬はもちろん、肥料も使用していません。

スーパーの野菜と大きさが明らかに違います。

かといって、凄く小さい訳でもないと思います。

スーパーに並ぶ野菜は、例えば自然栽培では収穫まで2ヶ月かかる野菜を1ヶ月で収穫できるように肥料で成長をコントロールしたりもします。

生育が悪い場合も追肥し、生育を挽回する事も出来ます。

田中野菜では、野菜の本来の力と土の力で育てますので、見慣れている野菜とは少し違うという事が起こると思います。

食卓は楽しい方がいいし、料理をする時から楽しんでもらいたい!と思っております。

手間はかかりますので、その点をご理解をいただきご注文いただければと思います。

田中野菜の食べ方は味付けは塩のみ!とか、ニンニクと炒める!とか蒸し野菜!とかシンプルな食べ方があうようで、お客様は割りとそのままの味を楽しんでいらっしゃいます。

そんな田中野菜の人参。

とっても香りがいいです。

うちの息子は切っているそばから『人参くれ~』とやってきます。

それくらいキッチンは人参の香りが漂います。

写真を見ていただいたらわかるかと思いますが、太ってません。

メタボ人参とは違って『人参です!』って凄い主張してきますので、煮物にしたら他の具材と喧嘩を始めます(笑)

人参の炊き込みご飯や、蒸し野菜にすると香りも美味しさも倍増です!

普段あまりこういった事は言わないのですが、せっかく多くの農家から選んで購入していただいたのに、思ってたのと違った、、、とか手間がかかって続けられない、となるのが申し訳なく思ってしまうので、あえて言うことにしました。

安心安全はもちろん、せっかくなので、届いた箱をウキウキしながら開けてもらいたいし、野菜の下処理を楽しんでやってもらいたい、お子様がいらっしゃるご家庭はお子様と是非ご一緒にされ、会話を楽しんでいただきたいと思ってます。

食卓もテレビを見ながら囲うのではなく、今日の出来事を話ながら、野菜の話も少し仲間に加えていただいて囲んでもらいたいなと思ってます。

ご予約、ご注文、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/5085.html/trackback