炭素循環農法

2011年9月25日 22:40 (カテゴリー:未分類

朝晩が随分涼しくなってきた。
やっと作業しやすい時期になってきました。

そんな秋の始まりに田中農園にお客さんが来ました。
炭素循環農法を説明して回っている林さんです。
わざわざ、ブラジルからこの農法を知りたい人の為に
日本全国を回っています。

この農法の特徴は・・・・

肥料にある窒素分が土壌を腐敗させ、土壌が腐敗してると
その成分を吸い上げた野菜に虫が寄ってくる。
そして、土壌では肥料により腐敗型の微生物が増え、良い発酵方の微生物
増えない環境になり土が豊かにならないので無肥料栽培をするというもの。
今まで肥料を使って育ってきた野菜達に微生物が
枯葉やチップなどを分解することで土を豊にし
その栄養で野菜を育てるというも。
つまり、自然が持つ力を微生物レベルで、
一番効率的に活かして野菜つくる、そんな農法。

色々勉強になった。

IMGP15021

4月から始めて5ヶ月、畑の半分は一度も肥料を入れずに
野菜を育てている。 その場所の野菜は時の経過と共に確実に味が
良くなってきてると思う。

進んでる方向は正しそう。

これからは、少し大胆に行動していこう。

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/389.html/trackback