自家採種の選抜作業

2014年12月19日 23:57 (カテゴリー:畑の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

うっすら雪が降りました。

一昨日ですが。

最近の販売されている人参は形がよく揃い・甘みのある交配種の種が使われることがほとんどのようです。

スーパーなどで販売されている人参は煮物などにすると味や香りはあまり残らず、調味料の味が人参の味になってしまうことが多いと僕は思います。そんな中、田中野菜では自家採取が可能な固定種の黒田5寸人参を育てています。黒田5寸には人参の香りや味・爽やかな甘みなど調理後も人参どくとくの味を楽しめる昔ながらの品種です。

そして、この固定種最大の強みは種を採り続けることで栽培方法やその土地・気候にあった野菜に変化し、最終的には自分好みの野菜に育て上げることができる点です。つまり僕にとっては無肥料栽培の環境に適応してくれるというありがたい強みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の人参は収穫作業の際に形や大きさ肌ツヤなどをみて良さそうなのを残して置いた分です。

このあと埋め戻しをして来年の5月末頃になると綺麗な真っ白な花を咲かせた後に種採りになります。

来年の初夏まで人参の一生を見守っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/3588.html/trackback