キノコ菌の餌

2013年12月15日 19:42 (カテゴリー:未分類

冬は土作り。

普通の有機栽培ではたい肥を入れて鋤込みます。

田中野菜では堆肥の代わりに乾燥した有機物を畑に混ぜることで冬場の土作りをしています。

この混ぜた乾燥有機物をキノコの菌が食べる事で2番目に働く微生物達の栄養源を作り出します。

その後、微生物が野菜に栄養を届けてくれるという循環です。

 

来年の春野菜の為にしっかり餌を置いていきました。

鋤こんだ後、マルチを張り2月末まで畑を休憩させて土作り完了です。

 

最近、風邪っぴきで畑に出ることができなかったので、その時間を利用して

来年のタネを色々調査し、購入しておりました~。

ん~、少しづつ自家採種が増えてきたので種代が安上がりになってきたかも?

 

 

 

 

 

8割程度揃ってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/2884.html/trackback