生野菜で酵素

2013年2月11日 0:50 (カテゴリー:未分類

1っこ前のブログの続きです。

風邪を引いたとき何を食べるでしょうか?

お粥じゃだと思います。

どうしてかと言うと、お粥は消化に良いからです。

これは消化酵素を無駄に使わなくてすむので、余った力を代謝酵素に回せるからです。

犬でも猫でも体調が悪い時は何も食べずにじっとしています。これもやはり食べないことによって

酵素の力を免疫力や自然治癒力を高める代謝酵素に回そうとするからだそうです。

消化酵素も代謝酵素も作られる基は一緒なので消化酵素を使わない分、体を健康に維持する

代謝酵素に回せるんですね~。

例えば、

酵素を作る力が20の人がいるとします。

その人がサンマを食べるとして、そのサンマを消化するのに10の酵素を使うとします。

しかし、そのサンマには大根おろしがついています。この大根おろしは外部から取り入れる

食物酵素なので消化を助けてくれます。この力を2とします。

そうすると10+(-2)=8、10の酵素を使うところを8の消化酵素ですみ、残りの12酵素を

免疫力を高める代謝酵素に回せます。

もし、大根おろしをつけないサンマを2本食べたら、体が持つ全ての酵素を消化に使うこと

になります。そうすると代謝酵素を作ることができないので、免疫力が弱まり、ウィルスなど

の侵入してきたときに防衛できずにかぜを引きやすくなったり、治りにくい体になってしまいます。

 

とんかつにはキャベツが付け合せてあるし、

天ぷらにも大根おろしがついてるし、

やっぱり、よく考えられているなぁ~と思います。

なんとなく、ないがしろにしていた付けあわせの野菜達、でも実は僕らのキーマンです!!

 

この酵素の働きを知ってると、脂っこい物を少し減らして、その分生野菜を食べよう!と

思いました。

皆さんはどうですか~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/2124.html/trackback