竹取物語

2012年5月18日 22:57 (カテゴリー:未分類

夏の畑は立体的。

冬の2D気味の畑から3Dへ変身します。

トマトやキュウリ、ナスにピーマン、ゴーヤ&サヤインゲンなど背が高くなる野菜が盛りだくさんなのです。

その夏野菜を支える上で重要なのが支柱。

大体250~300本位の支柱が地面に刺さります。

支柱は意外と買うと高額です。鉄のヤツだと1本400円位します。

セレブ農家は1本400円のやつを買うのかもしれません。

残念なことに、田中野菜では寄付金をつのらないと買えません・・・・。

けど、別に必要もありません。

何故なら、近所の農家達のご好意で竹やぶの竹を使えるからです!

ただ、その竹やぶの近くの草むらはサルのたまり場になっている事が時々あるとの事。

1匹や2匹ではなく40匹~50匹位の群れでミーティングをするらしいとの事。

こないだボスザルを見たけれど、まるで小型のゴリラ、筋肉の浮き出かたがまさに野性!

おーそれーみーよー。

出会わないように出陣。

両足で草を踏み固め、ケモノ道を作り進入。

朽ちた大木の横を通ると、現われのが!

竹やぶ~。

ここの竹は支柱サイズの丁度良い竹。

長さは5Mくらい直径4cm程の支柱の宝達です。

一本一本は重くないけど、30本を束ねるとずっしりと腰にきます(笑)

ちなみに、竹取中に何度もサルの雄叫びが聞こえて、何度も、まだ出るな、まだ出るな~

と念じながら切り出してました。

戦利品。

この竹でトマトを支えます。

この竹でナスを支えます。

この竹でキュウリを支えます。

この竹で・・・・破産せずにすみました。

 

この竹で・・・・皆さんにお届けする夏野菜をしっかり支えていきます!

 

 

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL http://tanakayasai.net/archives/1032.html/trackback