黒田五寸人参・聖護院大根の母本の植え付け

2016年1月11日 1:37 (カテゴリー:種・種まきコメント

夏野菜のオクラ跡地。

廃墟感がでてます。

なんかカッコよく映画のロケ地になりそうと思い撮影し見ました。

どうでしょう?

一説によると上に伸びた分根も下に伸びてるとのことで、背の高くなったオクラは4m位あるので根も凄いことに・・・

元気な時に抜こうとすると腰を痛めるオクラですが、もう枯れて随分経つので簡単に抜けると思います。

本日は題名にある人参と大根の母本選抜と植え付け、インゲン豆の脱穀をしました。

母本の黒田五寸人参、計30本程。

IMG_3639

毎回の出荷の際にガッチリと大きい人参にテープで目印をしておいた人参君達です。

今年の人参は去年より優秀品が格段に多くなったので、来年はさらに良くなるよう期待しています。

聖護院大根、計10本。

IMG_3640

去年は失敗してしまい、ちょっとしか取れなかった大根のたねです。

今年こそはリベンジで、3年分位の大量の種取りが目標です。

大根の母本どりは毎年一番良い大根を選抜するので、その大根をお客様に出したくなりますが、グッとこらえて来年の大根が今年の母本位のものが増えて沢山お届けできるよう鬼の心で種取り用に回します。

つるあり、インゲン。

IMG_3641

秋作のインゲンの鞘をハウス内で乾燥していたものです。

大量ではないですが、数百粒ほど取れたので来年の春~夏作に使っていきたいです。

IMG_3642IMG_3643

外に植えると2月頃になると鳥害似合うので、ハウス内に定植です。

こんな感じで人参はハウスの際に、大根は畝を作って最植え付けをしました。

今年も沢山取れますように~。

鉢上げの準備

2015年3月23日 22:21 (カテゴリー:種・種まきコメント

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

 

 

梅の花も散り始め、次は桜の蕾が大きくなってきている里山です。

3月初旬に芽を出したトマト・ナス・ピーマン・その他果菜類もここ数日の暖かさで成長し数日の内に鉢上げをする予定でいます。

現在のセルポットからポットへ移動すると土の量が5倍以上あるのでのびのび野菜が成長でき、定植時期まで大丈夫な量の土があります。

本日はその土を確保する為に山に入りました。

たまに猿とか出ちゃうので、山に入るときは一応鉈をもって入ります(笑)

利用している土は広葉樹の下の土で落ち葉が腐葉土に代わり、そこから何年もかけてサラサラの土になったものを育苗の土として使っています。

このサラサラの土は腐葉土などが完全に分解されミミズや虫のいない土で、雨などによってほどよく窒素分が流れている土を香りや見ためなどの感覚で選んでいます。

 IMG_2882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深めのところにある柔らかい土を掘り起こし、ふるいにのっけてドングリや枯葉を取り除きます。

 IMG_2881

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうするととても柔らかいコヒーの粉のような土が取れます。

そしてポットにつめて出来上がり(^O^)

 

IMG_2884 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地味できつい(ふるいがきつい)作業ですが、自然で良質な土を確保し苗を健康に育てる重要な作業の1つです。

ふるいで腕がパンパンになり、口笛を吹いてみたり、風で枝が落ちた音にビビってみたり、普段より大自然を満喫させて頂いた1日でした。

 

 

2014年11月14日 21:15 (カテゴリー:畑の様子, 種・種まきコメント

種まきがほぼ終了しました。

つい先日まで頑張っていたミニトマトを粉砕し、乾燥させ畑に鋤込んだ畑です。

ここは今年ビニールハウスを建てたのですが、ハウス栽培のミニトマトは例年の露地ミニトマトより味がのらず、せっかく張ったビニールをはがして露地栽培に戻したというスったもんだがあった畑です。

畝には定番の小松菜から、ちょっと珍しいスイチャードなど10種類程の葉物の種を蒔きました。

このあと不織布のベタがけとビニールトンネルをして保温栽培をしていき、順調にいくと来年の1月頃からの野菜セットに入っていく予定です。

ミニトマト後ということで、保温栽培をすると落下して放置されていたミニトマトからモヤシ並みに芽が出て葉物の畝が雑草化する嫌な予感がバリバリしますが、もし芽が沢山出たら12月中旬頃にトンネルを剥がし霜にあてて自然除草をするつもりです。

                             

今年の植え付け作業は残すところ、玉ねぎ・そら豆・絹サヤ・スナップのみです!

終わりが見えてきました~。

2000株定植

2014年3月24日 22:18 (カテゴリー:種・種まきコメント

本日は苗の定植をしました。

明日から2日程雨なのでしっかり活着してくれると思います。

本日定植した苗、サニーレタス、フランスレタス、水菜、ホーレンソウ、コールラビ、キャベツ、カリフラワー、他葉物野菜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然栽培用の培養土は肥料分がほぼ入っていない為苗はこれ以上は大きくなりません。

とても頼りなく、ほんとに育つのか?というサイズを定植していきます。

親指でマルチにブスブス穴を、キャベツなら40cm間隔、レタスなら30cm、水菜なら15cm間隔にあけて、苗を落としていきます。

あとは明日雨が降れば苗が畑の土と馴染んで定植完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苗が小さすぎて見えません。

(,,゚Д゚) ガンガレ!苗!

 

 

 

 

 

手蒔き

2014年2月20日 19:34 (カテゴリー:種・種まきコメント

トマトの種が発芽してきました!

電熱マットの使用で、種まきから約1週間程で発芽。

いまのところ70%程度の発芽率ですが、3月に入る頃には遅れている種も芽を出してくれると思います。

そして畑の種まきも始まっています。

写真はサラダゴボウの種まきです。

ゴボウの種は発芽に光を必要とする野菜なので、浅めの溝に1粒1粒間隔に注意して種を落としていきます。

去年種まき機を購入したのですが、有機物をたっぷり鋤こんだ畑では上手く機能せず、春野菜の種まきは全て手蒔きをしています。

大半の種は米粒より小さく、1回5粒位つまんで1粒ずつ種を落としていきます。

5粒程つまむまではいいのですが、種を落とすときに2粒、3粒ポロポロ~ンと同じ場所に落ちてしまいます。

『あっ』と思い拾おうと思うと意外と種が土の中に沈んでしまい・・・

等間隔に蒔かないと、種の無駄、養分の取り合い、間引きのてまなど色々なデメリットがあります。一見簡単な種まき作業ですが、デメリットを無くすためには親指と中指の第一関節に全神経を集中させてその種の特徴にあった間隔で種を置いていく必要があります。

なんといっても最低な種まき第1位は『人参』。

今期の冬人参がセットに入らず、迷惑をおかけしたのは有機物が多くて種まき機が使えなかったこと、

雨が降らないと発芽が非常に難しいこと、そして手蒔きをすると薄っぺらくて上手くつかめないこと

色々理由はあります。が、最低な1位は頻繁に使う野菜ベスト3でもあることを忘れず、春はしっかりお届けできるよう入念に準備していきます。

既に2列分だけ人参の種蒔いてあります。

5月により始まる定期宅配のセットに入れていきたいと思います、まだ、発芽はしていませんが(笑)