無肥料のサイクル

2017年7月21日 18:48 (カテゴリー:自然栽培, オクラコメント

出遅れていた夏野菜の1つオクラです。

気温の上昇と共にじわぁ~、じわぁ~と大きくなり始めました。

葉の色も淡い、けど、大きく成長するのは肥料に頼らず成長している証拠です。

野菜自身が栄養を微生物・菌に送り、その栄養を目当てに地中ではその野菜にあった微生物が増え、今度はお返しに栄養を作り出し野菜も成長していくというサイクルに入っています。

無肥料のサイクルができています!

最初の頃のオクラは洗って生でスライすると歯ごたえがあり美味しです。

ただ、田中野菜のオクラはエネルギッシュなので生毛が激しいです笑

生で食べると時は洗って擦って生毛を少し落として食べてください。

 

秋冬野菜の種まきがスタートしています。

来週から秋冬野菜の畑の準備もスタートします。

 

 

固定種のミニトマト

2017年7月3日 7:14 (カテゴリー:自然栽培, トマトコメント

本日よりミニトマトの収穫が始まりました。

田中野菜では赤・黄色・黒系・緑(全滅?)の四種類を植えています。

今回は赤色のミニトマトのご紹介。

このミニトマトは固定種でチェリークイーンと言います。

名前もクイーンというだけあって女王様の風格か、旨みと甘みが抜群です。

ミニトマトの固定種となると僕はF1種が出すような甘いミニトマトには出会ってこなかったので、この品種に出会えてとてもラッキーでした。

花の数は非常に多く豊作で、木の勢いもあり、味も良い、固定種にしては完璧な品種です。

1つ欠点をあげれば、皮が薄い為玉割れしやすい気がします。皮が薄いといっても、うちのミニトマトは皮は残りますが・・・

でも、皮の部分に旨みが凝縮されています。

まだ、収量が安定していないので大きいセットからのお届けとなります。

赤色のミニトマトは固定種なので種をとっておけば来年のお庭やプランター等で美味しいミニトマトが沢山収穫出来ると思おいます。

田中野菜より美味しいじゃないというパターンが怖いですが(笑)、是非とも栽培して欲しい品種です!

大玉トマトももう1~2週間で本格スタートです!

じゃがいもの特急収穫

2017年6月19日 22:49 (カテゴリー:自然栽培, 野菜セットについてコメント

日曜発送の野菜セットM

来週入る可能性が高い野菜

・キャベツ

・レタス

・ミニ大根

・新じゃが

・水菜

・小松菜

・小カブ

・人参

入る可能性が中の野菜

・ズッキー二

・キュウリ

・カリフラワー

・茎ブロッコリー

・インゲン

入る可能性が少ない野菜

・小ネギ

・赤大根

・玉ネギ

・ミニトマト

 

本日も土手の刈草をいただきに徳地へ。

数日通っているので顔見知りができ、刈草が到着するまで井戸端会議をしてすごしています。

40分もかけて草を取りに来ているのは僕だけかと思えば、岩国や萩から1時間半かけて刈草を取りに来ている人もいてちょっと衝撃。

無事本日の分を積み込むことができてお昼から畑へ。

じゃがいもはデジマ、キタアカリ、トヨシロ、コガネマルの4種類と色付きを少々、約2反程植えています。

本日は2時から7時までにキタアカリとトヨシロの一反を掘り起こし、乾燥、コンテナ詰め、倉庫保管まで行けたので大満足。

今年こそ掘り取り機が欲しかったけど、まだ頑張れそです(笑)

収量ですが、1反(1000㎡)といっても通路と畝が同じ幅なので実質の植え付けは5~6畝程なのですが、700~800Kg程の収穫です。

田中野菜としては十分な量が収穫でき、一安心です。

明日の夜から本格的な雨が始まりそうなのでもう2品種もあす堀上げます!

梅の季節

2017年6月7日 22:33 (カテゴリー:自然栽培, 日々色々コメント

山口県では昨日梅雨入りの発表がありました。4~5月と暖かく、珍しく春の大雨もなく安定した天気が続いていていたので野菜も過去にないほど順調に育っています。6月を過ぎると虫の活動が一気に活発になり、例年通り少し対策はするのですが被害が増えてきています。見た目的に出荷を諦める野菜も数品目出始めましたが、それでも心配ないほど他の野菜が順調です。

これから先の様子ですが、夏野菜の生育が想像よりゆっくりしているので、夏野菜の登場が若干先に伸びる年になるかもしれません。

 

昨日梅を収穫しました。

田中家でも毎年、梅酒、梅ジュースを作るのですが、ありがたいことに畑に生えている梅の木より梅を頂戴します。その畑は借地なの地主さんの許可をとりますが、とりなさい、とりなさいと十分過ぎる程収穫させてもらいます。その梅はもちろん自然栽培の梅です。というより田舎で庭先や空いた畑に梅を植えている人で肥料なんてあげる人は僕の周りではほぼいません。見渡す限り、果樹は自然栽培な気がします。自然の生き物は僕らが過保護になりすぎなくても1年に1回できる範囲で実を付けて恵を与えてくれます。豊作の表年もあれば、不作の裏年もありますが、自然のリズムにそって時期になると必ず届くプレゼントのように毎年です。僕らには見えない摂理に沿って育まれる恵なので、僕らの都合で肥料を使い量や大きさを調整することは実は損をしているのでは?と思ったりもします。

そんな事をふと思いながら、綺麗な梅を収穫させてもらいました~。

この梅で作る妻の梅酒が最高です!

炭素資材の投入

2017年6月6日 7:26 (カテゴリー:自然栽培, 本日の野菜セットコメント

畑の養分を作り出すキノコ菌(糸状菌)に定期的に餌を与える必要があるのですが、その餌の供給方法を少し変更してみようと枯草調達用に軽トラの荷台にコンパネのあおりを作ってみました。

前後の扉になる部分を木の棒の隙間に落とし込むだけの単純な作りですが、軽トラサイズにぴったりなので歪みもなく強度もあるものができました。

山口県の佐波川の刈草です。行政が機械で草刈りをしロール状にした刈草を無料で配布してくれます。うちは取りに行くまで50分程かかりちょっと遠いのですが、草の量とクオリティーを考慮すると満足できます。これだけの状態の良い草を自分で集めるとなると相当の面積の雑草を集めなくてはいけないし、雑草を生やして粉砕すると畑の景観管理が難しくなる等の難点があるので今年は草取りに励んでみようと思います。

日曜日出荷の野菜セット M

来週入る可能性が高い野菜

・キャベツ

・レタス

・大根

・新じゃが

・水菜

・チンゲン菜

・ズッキーニ

入る可能性が中の野菜

・ミニ人参

・山東奈

・小ネギ

・わさび菜

・茎ブロッコリー

・赤大根

入る可能性が少ない野菜

・キュウリ

・白菜

・玉ネギ