秋野菜がちょっぴり始まる

2017年10月8日 22:46 (カテゴリー:自然栽培, 畑の様子コメント

綺麗な均等な葉脈が出てます。葉の先にまで均等に栄養が届いている元気な小松菜の証拠です。

この時期は葉をボロボロにするダイコンサルハムシが発生する時期ですが、今期も少々の虫食いはありますが今のところ0.6mm防虫ネットの効果で綺麗に仕上がっています。

朝一の収穫は好きな農作業ベスト3に入ります。

静かな畑でのおいしい空気に吸いながらの作業が大好きです。

野菜が綺麗に仕上がっていると尚最高の気分です!

欠株補充

2017年9月26日 22:18 (カテゴリー:自然栽培, 畑の様子コメント

小さな爪楊枝程の苗を植え付けて約3週間が経ち、少し大きくなり始めたところのブロッコリーですが、コオロギに芯を食べられています。こんなキャベツやブロッコリーが沢山。夏を過ぎ秋まで成長したコオロギはマルマルと太ってまるでゴキブリのよう。捕まえたコオロギをやつけたり、逃がしたりするのですが、彼らの顔がエグくて、まるでエイリアン。特に彼らをや付けた時の彼らの顔が目に焼きついてしまう。けっこう怖い。そんなコオロギの食欲は凄く、大きくなり始めた苗が日に日に減っていっておりました・・・。若干の欠株は想定していましたが、750株程植えたキャベツは600株、ブロッコリーも100株程やられ、ちょっと想定外。

想定外ではあるのですが、一応保険をかけてそれぞれ欠株用の苗を150づつ用意していたものを植え付けました。

真ん中ほどに見える小さなのが補充した苗です。

茎の太さは爪楊枝程。このくらいの小さな苗を植えていきます。

約3週間程で苗やさんで売っているサイズまで大きくなります。小さい苗は根を伸ばすパワーが小さいのでなかなか大きくなりませんが、写真のサイズまでいくと安定して成長していきます。一安心のサイズです。ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーは現在このサイズです。

ちなみに葉物はこのサイズ。

成長期に入ってるので2週間程でお届けがスタートしそうです。

11月中旬収穫の葉物の畝30m×3本の種まきも終了です!

太陽熱処理済みですが、マルチは剥がさずに使用してちょっと早い収穫を目指します。

来年の3月までの植え付けを進めています。

 

 

 

 

立秋

2017年8月12日 21:46 (カテゴリー:自然栽培, 里芋コメント

立秋になりました。

暦通り朝晩は秋の近づきを感じます。

そして山側の畑のお盆の恒例の猿の出没。

種取り用のキュウリを食べています。お盆の時期になると必ず猿が畑に出没し、秋が近づいていることを教えてくれるという猿の畑の横断。

秋の木の実が沢山なる森への移動する際にうちの畑を物色していきます。1日で通り過ぎる年もあれば、1週間位近くに居座る年もあるのであまり長く居座らないように見回りをしようと思います。

時には猿と戦います。猿のボス怖いですよ~。

畑では冬の里芋も立派に成長しております。

大きい里芋は2m弱あります!里芋順調です!

トウモロコシ惨敗

2017年8月8日 9:26 (カテゴリー:自然栽培, トウモロコシコメント

毎年トウモロコシを栽培しているのですが、なかなか商品となるまでいきません・・・。

色々な方や本のアドバイスを参考にしてみますが、思うような結果にならず。

何が問題かというと虫の食害です。

アワノメイガという蛾の幼虫がスイートコーンに入ります。

受粉不足で真ん中が空いてるのですがその中心部分に3箇所虫の食害があります。というより開い見ると中に虫がいます。全てがこんな状態です。トウモロコシ自体はメチャクチャ美味しくて朝の収穫の際に生で僕が綺麗な部分だけ食べて畑に捨てるそんな状態がここ数年続いています・・・。

蛾は穂に惹きつけられるので半分位カットしてますし、去年は6月初旬どりの早蒔きも挑戦しました。でも結果は大差なく虫食いだらけ。

まだ、試してないのは1000本位植えたら外側で虫を防ぎ、中心部は優秀率の高いトウモロコシがとれるかも?

今年も挑戦しましたが、悔しいですが、失敗です。

トウモロコシを楽しみにしてくださっているのにすみません~。

来年こそは、成功させてみせます。

秋・冬の準備スタート

2017年8月5日 7:52 (カテゴリー:自然栽培, 機械, 畑の様子コメント

秋冬の畑の整備?が始まりました。

草の勢いが凄い。

伸ばしすぎました・・・。

ここまで伸びると耕運機型のハンマーナイフもあでは馬力不足でした。

でも、草が大きく育つのは畑の土が健康な証拠です。

昨日は1日がかりで2反。

残り4反。