夏が来た

2017年7月12日 21:26 (カテゴリー:トマトコメント

なっつが来る~きっとなっつが来る~♪

大黒摩季さんの事を大黒ちゃんと言っていた世代です。

当時兄の前で『大黒ちゃん』と呼んだら

そんな呼び方してるのはお前らだけだ

と言われました。

・・・・・・スラムダンク世代です。

 

この時期、水分量の関係で割れたトマトが出てきます。

そんなトマトが大量に我が家に来ます。

去年はトマトソースを瓶何本も作って秋口までトマトを楽しむことが出来ました。

今年はどうかなぁ~。

そして夏の初っ端絶対作るメニュー。

田中野菜フリークの皆さんはきっとお分かりだと思います。

フレッシュトマトとバジルのパスタァ~!!!!!

 

一口食べた瞬間に主人と

夏が来た~!!!!!!

と叫びました。

作り方はとっても簡単です。

トマトを湯むきし、ザク切り。←面倒くさがりやの私ですが、湯むきしなくても大丈夫です!とは言えないくらいここはポイントです。

熱したフライパンに大さじ2~3くらいの少し多めオリーブオイルとざく切りにしたトマトを入れ、潰していきます。あまり強火でやりすぎるとせっかくのトマトのジュースが無くなってしいまうので、中火くらいで。

パスタも多めの塩で茹でていきます。

トマトが十分潰れたらバジルをお好みでちぎって投入。

茹であがったパスタをお皿にのせ、ソースをかけて出来上がり!

パスタに塩味がついているのでソースには塩は入れてないですが、お好みで塩を加えてもいいと思います。

大人向けの料理かもしれません。

息子はあまり食がすすみませんでした。

というか、トマトの種が気になって気になって食べれなかったようです(笑)

スイカの種は食べるのにトマトの種が食べれないってどういう事なんでしょうか。

私はスイカの種の方がイヤですけど。

不思議。

 

こうして我が家にも夏が来ました。

夏は始まったばっかりです。

夏野菜沢山食べて元気に乗り切るぞ!

 

 

 

 

固定種のミニトマト

2017年7月3日 7:14 (カテゴリー:自然栽培, トマトコメント

本日よりミニトマトの収穫が始まりました。

田中野菜では赤・黄色・黒系・緑(全滅?)の四種類を植えています。

今回は赤色のミニトマトのご紹介。

このミニトマトは固定種でチェリークイーンと言います。

名前もクイーンというだけあって女王様の風格か、旨みと甘みが抜群です。

ミニトマトの固定種となると僕はF1種が出すような甘いミニトマトには出会ってこなかったので、この品種に出会えてとてもラッキーでした。

花の数は非常に多く豊作で、木の勢いもあり、味も良い、固定種にしては完璧な品種です。

1つ欠点をあげれば、皮が薄い為玉割れしやすい気がします。皮が薄いといっても、うちのミニトマトは皮は残りますが・・・

でも、皮の部分に旨みが凝縮されています。

まだ、収量が安定していないので大きいセットからのお届けとなります。

赤色のミニトマトは固定種なので種をとっておけば来年のお庭やプランター等で美味しいミニトマトが沢山収穫出来ると思おいます。

田中野菜より美味しいじゃないというパターンが怖いですが(笑)、是非とも栽培して欲しい品種です!

大玉トマトももう1~2週間で本格スタートです!

トマトバジルサラダ

2014年6月27日 23:33 (カテゴリー:トマトコメント

夏と言えばトマトですよね!

ミニトマトってぶどうみたいな実の生り方をするんです。

その光景はほんとにかわいい!!!

順々に色づいていくグラデーション、重さで垂れ下がる姿、収穫するのがおしいくらいかわいいです(笑)

さて夏は火を使う料理はしたくないものです。

簡単に、尚且食卓に彩りを与えてもらいましょう!!!!

 

とても簡単なので紹介するのもあれなんですが(笑)

トマトを切って、バジルをちぎって、オリーブオイルをひとまわし、塩をパラパラ、以上!!!

これにクリームチーズをいれても美味しいですよ!!!

もし余った場合、翌日、パンにのせて焼いたらちょっとおシャンティーな朝食になります。

マヨネーズをかけて焼いてもいいと思います。

バジルの香りとトマトの甘みが最高にあう一品です。

これは少し大人な一品ですね。

是非お試し下さい。