春の畑は高畝に

2020年2月16日 22:48 (カテゴリー:自然栽培, 畑の様子コメント

久しぶりに来た山の畑。

最近は使わなくなってしまい、もー草ボウボウ!

気合の草刈です。

気合といってもこんだけ草を生やすとつる性のかずらのせいでなかなか前にすすみません。足元を確認しながら一歩一歩右足、左足と進めていきます。

突然の野生動物が恐怖なので・・・。

だた草をかるだけだと、苦しいだけですが、この草はうちの畑の菌の餌なので草刈=餌の収穫的な意味合いもある点が若干心を奮い立たせます。そして遥かかなたにある完全無農薬、無肥料のWILD NATUREで育ったレモンも収穫したい!というダブルモチベーションで進みました。

いまだ草刈はまだ終了しておりませんが、レモンサワーは最高でした!

 

この草刈で集めた草はこんな感じで畑に還元されます。

畑に置いちゃうとたいしたことないように見えますが、めっちゃ運んでいます。1トンは運んでおります!!

この草がたくましくもスッキリとした味わいのある野菜に仕上げてくれるキーパーソンです。

そして草を入れることで草が取り込んだ微量のミネラルも土に補給しています。

写真の土の見えているところを跳ね上げ式の耕運機で通ることで草の上に土を飛ばし、高畝に仕上げていきます。

高畝+草を入れる事で春梅雨から好気性の菌を守り、土の中で草を食べ順調に養分循環を進められる用に高畝にするのが春畑のポイントです。

3月より4月15日から始まる野菜セットの種まきを進めていきます。

 

 

 

 

ようやく晴れマークが見えてきた

2019年8月30日 23:20 (カテゴリー:畑の様子コメント

週末頃から天気予報に晴れマークが帰ってきているという情報を、うちの情報屋から仕入れました。

『明日晴れる?』

と聞くと、雨が何ミリ降るというミリ単位で回答が返って来ます。

主人は畑作業の予定を立てる為に一日に何度も天気予報を確認しています。

なので、天気の事は主人に聞くといいですよ。

洗濯物干す時にとても便利です(笑)

宜しければ配達の時なんかに問い合わせてみて下さい。

 

大雨時の田中野菜の畑。

何かなんだかわからない写真ですが、両脇にボヤーっと黒い物が見えると思います。

マルチです。

そのマルチ上に苗が埋まってます。

両脇のマルチの間、青いカッパを着てるのですが、ここは畝間です。

田中野菜の畝は大体25センチまで土をあげます。

25センチの畝間が完全に浸かり、畝も浸かっております。

次男がこの畝に入るとお風呂状態になると思います。

これくらい雨がすごかった・・・。

水の排水が追いつかないんです。

まだまだ畑の被害状況をキチンとわかっていない状況です。

この雨から抜け出すと一気に晴れが続きます。

一気に秋の植え付け作業へ移ります。

微生物達が流されてないか、大量に死んでないかとても心配です。

 

家族で隣町の大型店舗へ行きました。

すっかり秋の空。

夜は秋の虫の声が聞こえます。

夏も終わりです。

長男がギャグを言いたい病でして。

『おばさんがおにぎりを落としておにぎりをドジョウに食べられました』

これを言ってキャッコラキャッコラ笑ってます。

何が楽しんだか全く分からず。

意味プーです。

しかも、この意味プー発言と共に『ヒロシです』のテーマソングを歌わないといけないとゆー(笑)

どうしたもんだか。

どうしましょ(笑)

 

ヨミガハズレタ

2019年8月24日 21:25 (カテゴリー:畑の様子コメント

 

雨が降る前に植え付けをしたく、畝立てを試みました。

雨が続いておりましたが、大丈夫だろうと思ったところ、甘かった。

水分量が多く、畝が立てれませんでした。

そして一週間雨が続く予報が出ております。

畑を耕したところに雨が降ると、フワフワの土に待ってましたと雨がかかり、そしてベチョベチョの畑になってしまいます。

読みがはずれてしまいました。

一見植え付けが始まるんだな!

というルンルンの畑に見えるかもしれません。

ひと仕事終え、ビールでも一杯飲もうか!という声がトラクターから聞こえてきそうな写真ですが、

敗北の写真です。

さてさて・・・・・・・。

今日は少し現実逃避をさせていただきます。

大事です。

イケメンに癒されるしかないのです。

最近は瀬戸康史さんに癒されております。

これまでは何の興味もなく、綺麗な顔の男性だなと思っていたのですが、最近その魅力にハマってしまい(笑)

私は割と王道が好きで、小学生の時はキムタクが好きでした。

でも、小学生でキムタク好きがおらず、慎吾ちゃんが好きと嘘をついておりました。

と、こんな事をブログで書いていると真面目な主人に怒られそうですが。

 

3日、雨の日程がズレて欲しいものです。

 

 

 

 

育っている野菜

2019年5月13日 23:24 (カテゴリー:畑の様子, 未分類コメント

こんな夜中におからケーキを食べながら、畑の野菜たちをご紹介致します!!!

 

ズッキー二。

花のお尻からどんどん実がなってきます。

ズッキー二の花は一瞬しかさきません。

フランス料理なんかは、このズッキー二の花を天ぷらみたいに揚げて食べるそうです。

 

 

紅くるり大根。

こちらも順調。

酢漬けにするととっても綺麗な赤色になります。

ポリフェノールがたっぷり入っているので抗酸化作用、血液サラサラです!

 

 

 

サニーレタス。

サニーと聞くと、サミーソーサが思い浮かびます。

 

 

玉ネギ。

スーパーで見る玉ねぎに比べるととても小さく感じると思いますが、よく目にする大きい玉ねぎは肥料がたっぷり入ってます。

自然栽培の玉ねぎは小さいですが、味はとってもしっかりしてます。

 

 

じゃがいも。

主人はじゃがいもが大好きなのです。

じゃがいもだけで生きて生けるそうです。

 

 

キャベツ。

葉脈の立派なこと!!!!!!

以前、田中野菜のキャベツはシルキーだと言われたことがあります。

包丁の入り方が違うそうです。

 

 

水菜。

サラダにしてもよし!

牛すじと出汁とシャブシャブしながら食べても美味しいです!

 

 

大根。

大根は冬だけではないんです。

春大根は、冬に比べてみずみずしく、少し辛味は強いかもしれません。

 

 

小松菜。

マルチな野菜です。

これだけだと食べない息子たちですが、卵焼きに入れたり、チキンライスに入れたりとこっそり入れるとムシャムシャ食べます。

 

 

 

夕方の雰囲気が出ていますが、朝撮影しました。

明るくなるのが早くなってきました。

朝露がついた野菜は最高に美しいです。

 

春のとう立ちに立ち向かう

2018年2月21日 20:49 (カテゴリー:畑の様子コメント

少しでも寒さにあたるのを遅らすためポットで育苗した小松菜、三東菜、チンゲン菜を本日植え付けをしました。2月、3月は最低気温がまだまだ低く、一定期間寒さにあう事で花芽のスイッチが入るアブラナ科は品種選びや温度管理に注意か必要です。小松菜なら何でもいいからと言って品種を選ばずに何も保温していない露地に種を蒔くと小さな状態で茎が伸び始めとう立ちしてしまいます。少し茎の伸びた小さな小松菜やチンゲン菜ももちろん美味しくいただけるのですが、小さいものを袋詰めする場合どうしても数多くいれないといけないので、200人分の予定で蒔いた小松菜が30人分しかなかったなんて事になってしまいます。もちろん種の説明には花芽が遅い品種で寒さにあたっても茎が伸びる前に収穫できますと説明されているのですが、それも肥料を過不足なく与えた早い成長スピードを基準に説明されているので、無肥料のスピードで大きく育てるのはやはり沢山の工夫が必要です。

今回は寒さにあたらないよう育てた苗で成長が早い早生品種です。植え付けた本日より寒さにあたり花芽のカウントダウンが始まるので、早く大きくしてとうが立つ前に逃げ切ろう作戦です。

植え付けし直ぐに保温しております。

逃げ切りたーい。